トップページ

浄徳寺は
阿弥陀如来をご本尊とし、
親鸞聖人のみ教えをお伝えする
浄土真宗本願寺派(西本願寺)のお寺です
仏事や法座を通じて、
一緒に浄土真宗のみ教えを味わいましょう

 

次回の法座

○報恩講
 日 時 10月20日(木)
     昼座 午後1時30分 ~ 午後3時30分頃
        奉讃大師作法のお勤め + 法話2席
     夜座 午後6時30分 ~ 午後8時頃
         初夜礼讃のお勤め + 法話1席
 講 師 淺田 恵真 先生

今年も報恩講の季節がやって参りました。
報恩講は親鸞聖人の遺徳を偲ぶ法要で、
浄土真宗で最も大切にされている法要です。

本山西本願寺の報恩講は、
親鸞聖人のご命日の1月16日までの一週間執り行われます。
大阪の一般寺院では、本山の報恩講の前に執り行います。
浄徳寺は毎年10月20日です。

私たちが浄土真宗のみ教えに出遇えるのは
親鸞聖人がみ教えを伝えて下さったお陰です。
そのご苦労をに想いを寄せながら、
改めて、み教えを喜ぶご縁として下さい。

「浄土真宗ってどんな教えなんか知らん」
というお方もこれをご縁に聞きに来てみて下さい。

皆さまのお参りをお待ちしております。

 

どなたでも、お聴聞歓迎します
感染防止のため、勤行中はマスクの着用をお願いします